早期発見で死亡率激減【大腸がんは早期治療で完治】

腹痛

癌検診の注意点

先生

乳がんは自覚症状が現れ無い気付かれにくい病です。しかし日頃から自身の胸を注意深く観察する事で早期発見に繋げる事が可能になります。手遅れにならない為に日頃からセルフチェックを行う習慣を身につけておくと良いでしょう。

基礎知識を得ておこう

世田谷区で在宅医療を受けて通院の手間を無くしませか?多くの人が利用している理由は利便性の高さにありますよ。

大腸

腹痛

大腸がんは広く知られている病名ですが、この病気の発症である大腸の知識がないと、大腸がんについてわかったことにはなりません。そこで、大腸について書いていきます。大腸は、食べ物を消化吸収された残りのものを貯めて、大便に変える器官のことです。また、大腸の中には腸内細菌があり、感染防止の役割も果たしています。大腸は長さとしては約2メートル程度あり、大腸がんはこの大腸に発生するがんです。大腸は三つからなります。結腸、直腸、肛門です。そのため、大腸がんの発症場所もこの3箇所になります。この大腸がんの発見は血液検査でわかります。早期発見のためにも、定期的に健康診断を受けることが大切です。なぜなら、早期発見はがんを取り除ける可能性が高いです。

原因と手術

大腸がんは結腸と直腸にできやすいのですが、大腸粘膜の細胞がその端緒となります。ただし、この細胞がどこかによってがんの進行のスピードも異なります。たとえば、腺腫ががんになった場合と、正常粘膜ががんになった場合の2つがあります。前者の腺腫ががん化した場合は、その進行スピードは比較的ゆっくりです。一方、後者の正常粘膜に発生したものは、進行スピードは速いです。さらに、大腸の壁にどんどん拡大していき、肝臓や、肺などにも広がっていきます。このように、遠隔転移をした場合であっても、医者が手術可能だと判断すれば、切除して根治できる場合があります。早期発見であればあるほど、その根治の可能性は極めて高くなります。

がんの原因となる煙草

病院

喉に痛みや腫れ、異物感等の症状が現れた場合には咽頭がんの可能性も考えられます。煙草の吸いすぎやお酒の飲みすぎだと放置する方が多く発見が遅れてしまうケースも良く見られます。予防には禁煙、禁酒が適していますが、早期発見する事も重要です。

特徴と今後を考える

女性

肺がんは体の中で肺にできたがんのことを指します。全身に転移しやすいこと、初期症状がほとんど出ないことが大きな特徴で、この特徴が原因で日本では最も死亡者数の多いがんとなっています。喫煙者数が減っているため、患者数が減ると思われがちですが、アスベストが要因で肺がん患者が急増するのではといわれています。