早期発見で死亡率激減【大腸がんは早期治療で完治】

先生

特徴と今後を考える

女性

がんは体の様々な場所にできますが、何らかの原因で肺や肺の周辺にできたがんを肺がんといいます。肺がんは癌の中でも死亡率の高いがんで、日本では現在、最も死亡者数の多いがんとなっています。肺がんの大きな特徴はほかの臓器に転移しやすいという事です。肺は体の中に取り入れた呼吸を様々な機関へ運ぶ役割をしています。この役割が裏目に出て、リンパや血液の流れに乗って全身へがん細胞が回りやすくなってしまうのです。もう一つ、肺がんでの死亡者数が高くなってしまっている原因の一つとして、はじめのうちは症状が全くでないという事が挙げられます。肺がんの症状に咳や痰があるのですが、これは風邪の症状と同じのため、風邪だと勘違いしてそのまま放置するというケースが多いのです。

肺がんの患者を男女の割合でみると、男性のほうが比較的多いです。これは男性のほうが禁煙している人が多いからですが、近年は女性でも喫煙する人が増えているので、今後この差は無くなるのではないかといわれています。上にも書いた通り肺がんの大きな要因になっているのは喫煙です。これは全世界において認知されています。そのため社会でも禁煙を推奨する動きが出てきており、喫煙者の数は年々少なくなっています。今後肺がんの患者数は少なくなるといいたいのですが、逆に急増するのではないかといわれています。それは、建築資材であるアスベストが大きく関係しています。アスベストを吸引すると中皮種から肺がんになるのですが、そういった経緯で肺がんになる人が急増するのではといわれているのです。